セラピストブログ

mayumi

紫外線ダメージをラベンダーで落ち着かせる

紫外線は3月あたりから徐々に強まり、
5月~7月が一番強い時期となるようです。

女性のみなさまはメイクをする関係もあり、
顔の紫外線対策は年中されていると思いますが、
ボディの紫外線対策もしっかり気を付けていきたいですね。

ですがうっかり、晴れの日に対策せず出かけてしまった、、
日焼け止めを塗ったけれど塗りなおしが出来ずに焼けてしまった、、

そんなこともありますよね。

紫外線が一番強くなる時期を前に、
ダメージを受けてしまった時の対処法をお伝えします(^^)

ラベンダーは鎮静効果バツグン!

ラベンダーは鎮静効果が非常に高く、
特にやけどの応急手当に使う事例がよくあります。
日焼けもやけどと同じなので、ラベンダーは強い味方です。

炎症を鎮めてくれるラベンダー、ティーツリー、
肌を冷却させるペパーミント。
これらのアロマを使います。

【部分的な日焼けの場合】
顔や肩など、部分的な日焼けの場合、冷湿布がおすすめです☆
洗面器に冷たい水を張り、アロマを各1滴入れます。
タオルを浸して絞って患部に当てるだけです。
炎症が落ち着くまで何度か繰り返します。

【広い範囲の日焼け】
手足や背中など広範囲に日焼けをした場合は、アロマバスがおすすめです。
お風呂にラベンダー3、ペパーミント1、ティーツリー2を入れ、
体全体を鎮静させます。

私が毎年している日焼け肌を落ち着かせる方法です。
日焼け対策バッチリで出掛けた日も、
紫外線に当たったことに変わりはないので
よくこの鎮静アロマバスで肌をいたわっています( ^^)

ぜひお試しください♪

持ち歩ける香り☆アロマストーンはこちらから

ラベンサラスタッフ mayumi