セラピストブログ

mayumi

カオリン(フランス産の白泥)で美肌に☆

ラベンサラ卒業生の勉強会に参加しました。
今回は精油のお勉強と、夏の肌ケアについて、
夏のアロマミスト作り、と今欲しい情報盛りだくさんの内容でした♪

夏の肌ケア☆
みなさんも今気になる情報ですよね~。
前回のブログでも日焼け後の対策をご紹介しましたが、
勉強会でカオリンを使ったクレイパックの話がありました。

カオリンってご存知ですか?

白珊瑚が堆積して出来たクレイ(泥)なのですが粒子がすごく小さいので
なめらかでふんわりとした白いパウダーのような感じです。
このカオリンを使ったパックをするとビックリ(≧◇≦)
肌が白くなるのです!

なぜ白くなるのかというと、珊瑚の粒子は老廃物を吸収する作用が優れているので
古い角質や毛穴の汚れなどを優しく、かつしっかり取り除くからです。
くすみの原因がなくなって、明るい肌が表に出てくるんですね♪

早速作ってみました(*^^)v

カオリン 30g
精製水 大さじ1~2
ラベンダー 1滴
レモン 1滴

紙コップなどにカオリンを入れて
精製水を少しずつ入れながら混ぜて下さい。
耳たぶよりすこし柔らかいくらいが目安です。
柔らかさを見ながら精製水の量を調整してくださいね。
出来上がったらしっかり蓋のできるクリーム容器に入れて
最後にアロマを入れて混ぜれば完成☆
※このパックは冷蔵庫で保存してください。

今回のアロマは、日焼け後の肌の鎮静にラベンダー、
夏の開きがちな毛穴をキュッと引き締めるレモンにしました♪

カオリンパックを肌が隠れるくらいに塗って
5~10分置いて洗い流すだけです(^-^)
ただ注意点がひとつありまして、
このパック乾くとパラパラになります。。
なのでお部屋ではなく、バスルームでするのをお勧めします。

肌が明るくなったのはもちろん、
ツルツルになります♪
気持ちいいですよ~(*^^)v

ぜひお試しください☆

045

ラベンサラスタッフ mayumi